産婦人科上空
…2月26日 午前11:05 福井市○○町306 ○○産婦人科 これが私の産まれた日時と場所、らしい。
私の本籍は奈良市ですが、正確に言うと福井生まれの奈良育ちという事になる。何の因果か、今は東京都で暮らしてる訳だけど。
母にとって私は始めての子供で何かと不安があったのでしょう。それで実家のある福井で産む事にしたとか、そんな話を聞いた記憶はあるけど定かではない。
母は何故か、そういう話をしたがらない人なので、聞いてはいけない事が色々あるんだなと子供ながら遠慮してたのだ。というか、基本的に会話の少ない親子でした。

自分が産まれた場所ってどんな所だろう? パソコンで見たい場所をピンポイントで見れる時代なので当然探してみましたよ。
ところが地名が変更されてしまい、産婦人科のあった場所がわからない。調べものしてるとこういう事例に良くぶつかります。
役所でデータベースみたいな物を作ってくれるとありがたいんだけど、そう言う事やってくんないからなぁ、日本のお役所は。
古地図も買ったりしましたが、70年代にはすでに地名が現在の物に変わっていて、おそらく自分が産まれてしばらく後に変更になったんじゃないかな。
結局、ネットで拾った江戸時代の地図にあったのでその場所を調べてみたらありました。同じ名の産婦人科が。
建物は建て替えたのであろう、立派な建物になってましたが、場所はおそらくそのままかと思われます。

自分の生まれた年の2年前の航空写真があったのでその場所を確認。赤丸で囲んだのがそう。
私はここで最初の産声を上げたんですね。そうか、ここだったんだ〜と静かに感動したよ。
通り向かいにある公園もまだそのままみたいだし、一度自分の足で行ってみたいな〜