昔焼いたCD-Rのデータをpcに移行中。
良く聞く話、CD-Rも寿命があるって話だから読めるうちにと思って。
でもこういうのってやっぱり保管してる環境に依って全然違ってくるんだろうから一概に何年持つとか分かんないよねぇ。
なんでもガサツに扱ってるとすぐダメになるのは当たり前で。
うちのは最古のが2000年でもう十年以上経ってるけど普通に読めてます。

しかし何枚かがOSXで開くと文字化けしてしまうんで困ってるんですよねー。



焼く時の規格の問題らしい。変な規格で焼くと日本語が化けるとか何とか。
会社で焼いたのが軒並みこの状態で、10枚そこらが化け化け状態です。もう全然読めない。
アプリケーションの関連づけも維持されてないのでアイコンが真っ黒だったり関係ないアイコンに変わってたり、もうメチャクチャ(笑)
不可視ファイルみたいなのがあちこちいっぱい入ってたりするし。
でも古いOSだと問題なく読めるんですよね。…もう、ややこしい!パソコン関係はこれだからヤです!

直接OSXで読み込むのは諦めて、今度は古いマックOS9で読み、それをUSBメモリにコピーする方法を試してみました。
…ふむ、たしかにファイル名も、アプリケーションの関連もちゃんと維持されてはいるのだが…



それを再びOSXで読むとやはりアプリケーションの関連が不明になってしまうのだ!
イラレやフォトショのデータも「Unix実行ファイル」という意味不明な黒いアイコンのファイルになってしまい開けないんだ!
USBメモリをマックフォーマットにしなきゃいけないのかな?なんか難しいね、パソコンは。