いわゆるロック史に残る「名盤」ですね。

ウォーホルがデザインした有名なジャケットを含め、今では誰しもが認める作品ですが、発表当初は全く売れなかったらしい。
我が国でこの作品が初めて発売されたのはそれから7年後の73年の事でした。
どうやらデヴィッド・ボウイ人気と共に再評価の波が高まったというのがその理由らしい。
それでもまだ、何か含みのある評価しか得られてなかった様ですが。


MUSIC LIFE1973年9月号に本邦初登場のこのアルバム評が載っていますが、ジャケ写の下のカメレオンマークは「マニア向け」、5ランクの一番下だって…

自分がこのレコードを初めて買ったのは確か80年代に入ってからでした。
国内再発売で初のダブルジャケット仕様のヤツで、もちろんシールも剥がせるタイプ。
80年代に入ると、このグループや作品に対する評価もかなり高まってきて、新人バンドの紹介文(例えばサイケデリック・ファーズとかエコー&バニーメンとか…)なんかにも度々引き合いに出されるから、その存在が気になり出した頃でもありました。

「幻のレコードがやっと聴ける!」なんて、かなり期待して聴いたのを覚えてます。
思ってたよりソフトな感覚のフォーク・ロック調の音にちょっと肩透かしを感じたけれど、何度か聴くうちに気に入った。
既にニューウェイブの時代を通過していたからそれ程アングラ臭も気にならなかったしね、、歌詞が分るとまた違うんだろうけど。

でも、A-1で歌われる「日曜日の朝」って朝の爽やかさって言うより、白濁した朝の光の中でドンヨリとした倦怠感(薬で朦朧とした)を感じるし、そういうところがこのバンドの味なんだなぁ…って何言ってるのか自分でもわかんないけど。
今聴くと特に変わった音でも無いんだけど、B-5みたいにバイオリンだかヴィオラだかのキーキー音が延々続く前衛的な部分もあったりして、やっぱりアングラなんだよね。
個人的に好きなのはB-2です。

完全オリジナル盤はちょっと手が出ない値段になってしまったので初の国内盤で我慢。これシールが完全に貼付いて剥がすの不可能です。

■SIDE-A:1.Sunday Morning 2.I'm Waiting For The Man 3.Femme Fatale 4.Venus In Furs 5.Run Run Run 6.All Tomorrow's Parties
■SIDE-B:1.Heroin 2.There She Goes Again 3.I'll Be Your Mirror 4.The Black Angel's Death Song 5.European Son